プロフィール

東京工業大学競技スキー部のブログです。
アルペン,クロスカントリー,ジャンプ・コンバインドパートがあり、インカレ等の各種大会に向け頑張っています!
部員の多くは大学から競技スキーを始めました。

このブログでは日々の練習や様々なイベントのことなどを書いていきます。
詳しい活動内容を知りたい方は ホームページ をご覧ください。


最新記事


最新コメント

  1. 10/08 さっちー:
    日帰りジャンプ
  2. 09/13 日本インラインアルペン委員会: インラインのモチベーションUPに!
    アルペン野沢合宿2.3日目
  3. 07/16 池口:
    ジャンプ合宿
  4. 05/22 OB会 古沢: 入部、ありがとうございます!
    5/19通常練習
  5. 03/24 クロカンのOB: もちべ
    岩岳SL GS
  6. 03/18 匿名:
    新主将、新アル主、新OBOG係、新会計のご挨拶。ならびにOB戦について、岩岳総合成績について
  7. 02/25 ketsuge:
    白嶺荘日記その3 クロカン最高!
  8. 02/25 GORILLA:
    白嶺荘日記その3 クロカン最高!
  9. 02/25 大阪教育大学一回生OK本:
    白嶺荘日記その3 クロカン最高!
  10. 12/24 中込:
    朝里一番乗り!!

カテゴリ


月別アーカイブ


DATE: CATEGORY:未分類
杉浦です。

2日目のピスラボは雨が降りまくって地獄でした。
しかし、やりました。ほんとはやりたくなかったけど、マジで筋トレとか体育館でバスケしたかったけど、ほんとにやりたくなかったけど、、、
エクササイズを交えながら、1日滑りました。

この夏は筋トレに夢中になりすぎて、あまり自分の滑りについて考える機会が少なく、この合宿を通して滑りを思い出して行けたという感じでした。全体の流れは悪くはなかったのですが、タイミングが遅れて後半にエッジングが集中すること、スタンスの広さなどで今ひとつ外足に圧をかけることができていなかったことが課題です。しかし、自分の中では意外と悪くない感触だったので、少しの変化で大きく滑りが変わりそうな予感がしています。

3日目はインラインを行いました。やはり、めっちゃインラインつまらないですね。インラインやるくらいなら筋トレしたいですね。そんなことを日頃から思っていたのは僕だけではなかったみたいです。H大のTYB君は部活全体で今年一切インラインやらない方針にした結果、たけしさんが後輩のインラインを見て、プチ切れていたのが印象的でした笑笑
ピスラボに比べて坂を下る練習にあまり意味はないと自分はかなり思うのですが、平地で緩斜面スラロームの練習はできると思うので、そういうところで活用していきたいですね。

なんと、2日目で鈴木康介が車を連れて帰るという悪行を犯したため、2日目からは嵯峨野くんと2人きりでした。嵯峨野くんはよく寝る子です。朝ごはん食べたら寝る。夜ごはん食べたら寝る。滑ってる時に寝る。リフトで寝る。しかし、僕がNetflixを見るときは興味津々になって見ているかわいい子です。帰りの電車でもララランドを見ていましたが、あまりにも嵯峨野くんはぼーっと見ていて、表象文化論(映画表現の文系講義)を受けた僕にとっては、重要なショットや、撮り方、様々な暗示やストーリーなど、感動することがあったのですが、嵯峨野くんは何1つ気づいていませんでした。てゆうか、途中で寝ていました。
嵯峨野くんはコントレで体幹や筋トレを散々やらせたところ、もろに嫌な顔をします。
でも、富士山合宿を乗り越えたので、余裕ですと言い張ります。

これから2人で頑張ろうと思います。。。

飯山駅までたけしさんに車で送っていただいたのですが、途中、たけしさんの青春の思い出が詰まった食堂に連れて行ってもらいました。
オススメのラーメンを食べました。僕はマーボー麺にしましたが、とても美味でした!!!
また行きたいですね!!
しかし、その日の夜から麻婆のせいなのか、下痢が止まらなくなりました!!!笑笑

10月またピスラボ行きます。

嵯峨野くんの一言「君の名はって謎解き映画ですよね???」

ちなみに今日は嵯峨野くんとバスケをしました。


では、Kai
コメント

インラインのモチベーションUPに!

コメント失礼致します。
日本インラインアルペン委員会と申します。
オフトレのインラインで大会に出場してモチベーションUPしませんか?!
練習会も行なっております。
シーズン前に一足早くポールの感覚を味わうことができます!
10月13、14日に埼玉にて大会を行いますので、是非ご検討ください!
今大会は世界選手権も同時開催となるまたとない貴重な大会です。
少しでもご興味を持っていただけたら幸いです。
お問合せはinfo@saitama2018.jpまで!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 東京工業大学競技スキー部Blog all rights reserved.Powered by FC2ブログ